ダイエットで虫歯予防

若い頃はダイエットと無縁の体型を自然と保てていた私ですが、29歳で第一子を出産してからは、そうもいかなくなってきました。

出産後は、授乳をするにも子育てをするにも体力がいります。頭も体も使うので、お腹がすぐすいて、食べる量がとても増えます。細々と動いているはずなのに、食べた分が消費しきれず、残りは脂肪と化していきます。

お腹がすくけど、食べると太る…。でも食べないとおっぱいが出ない…。育児に追われてぱっと食べれるものは、お菓子や菓子パンなど、簡単に食べられるものに偏りがちです。太るのも当然です。

そこでまず試したのが、食べるものを変えることでした。お菓子を食べていたのを、ミニトマトやきゅうりなどの野菜に変え、甘いものが食べたい!と思ったらブドウやカットスイカ、カットパインなどの果物に。きゅうりは特に、歯ごたえがあり水分もとれるので、よくぽりぽりかじっていました。またバナナもよく食べていて、バナナやキウイフルーツは夜に食べれば翌朝のお通じにもよく効き、一石二鳥でした。

ですが、それらも結局飽きてきて、まただらだら食べるので、体重が減ることはありませんでした。そこで、口の中をスッキリさせるためにとりあえず歯みがきをしよう!と思いつき、してみました。すると不思議なことにその後は食べたい欲がまったくなくなったのです。いつの間にか数時間食べてない!ということに気づいたのです。

それからは、小腹が空いたら、とりあえず歯みがきをしてみることにしました。そうすると小腹がすぐすくことはなくなり、お腹がすいたらしっかりご飯を食べたくなりました。だらだら食いがなくなり、余計な物を食べなくなったことによって摂取カロリーが減り、体重も少しずつ減っていきました。また一回の食事をきちんととるようになり、栄養もバランスよく取れるようになりました。そしてだらだら食いがなくなったこと、歯みがきを頻繁にすることで虫歯予防にもなりました。出産後は歯がもろくなると聞いていたので、良いことづくしでした。

筋トレやストレッチなどをすることがダイエットに大事なのは分かっていますが、育児で疲れていると億劫になりがちです。ですので、手始めに歯みがきをすること試してみるのもいいかと思います。