• Home
  • カテゴリー: ダイエットテクニック

夜だけ炭水化物摂らないダイエットプラスα

数年前気がついたらお腹回りが大きくなってました。そして夏を迎え去年のパンツ類が入らない。

そう言えば体重計にもずっと乗ってませんでした。自分でも太ってるんじゃないかと思い怖くて乗れなかったのです。

恐る恐る乗ったら48㎏だった体重が53.6㎏に。5.6㎏増えていました。

運動出来ないので運動の代わりに家事を頑張りました。拭き掃除や掃除機がけは結構な運動です。

食べ物のカロリーや栄養も調べました。特に炭水化物について調べました。

白ご飯が好きだったので白ご飯について調べたら1g4カロリーと言う事がわかりました。

そして成人女性の1日に必要な炭水化物の摂取量は大体300gです。

普通のご飯茶碗軽く1杯が大体180gなので毎食食べていたらカロリーオーバーになります。

そこで私は夜だけ炭水化物を抜きました。

炭水化物抜きダイエットなどありますが自己流ダイエットだし炭水化物も必要な栄養素で食べないと脳にも良くないとテレビで聞いた事があったからです。

炭水化物以外は制限した物はなかったですが全体的に量を少なくしました。

甘い物も食べましたが我慢できる時は我慢しました。

ただずっと続けているとストレスが溜まりますのでたまには外食もしてましたし、たくさん食べた事もありました。

ダイエットしてると外食は本当に量が多くてびっくりします。中華料理特にチャーハンなんて一皿で1日の摂取量オーバーですから。

しかし基本は少なめです。続けているうちに少なめでも結構お腹がいっぱいになります。

ずぼらなダイエットですが

1.野菜は多めで最初に食べる。
2.タンパク質は必ず食べる。 
3.毎日朝晩体重計に乗る。
この3つは心がけていました。

それと出来る限り1日に水をコップ8杯飲む。(飲めない日も多々ありました。)

それとはけなくなったパンツがはきたかったのでダイエット中は何度もそのパンツをはいてもう少しもう少しと頑張れました。

なので目標を作るのもダイエットには良いかと思います。

そんな生活で1年後には元の体重に戻りました。

今もたまにドカ食いしてむくみもあるのか一気に1㎏増えたりしてますが着たい服の為健康の為翌日体重計に乗り反省して節制する毎日を送っています。

ダイエットで虫歯予防

若い頃はダイエットと無縁の体型を自然と保てていた私ですが、29歳で第一子を出産してからは、そうもいかなくなってきました。

出産後は、授乳をするにも子育てをするにも体力がいります。頭も体も使うので、お腹がすぐすいて、食べる量がとても増えます。細々と動いているはずなのに、食べた分が消費しきれず、残りは脂肪と化していきます。

お腹がすくけど、食べると太る…。でも食べないとおっぱいが出ない…。育児に追われてぱっと食べれるものは、お菓子や菓子パンなど、簡単に食べられるものに偏りがちです。太るのも当然です。

そこでまず試したのが、食べるものを変えることでした。お菓子を食べていたのを、ミニトマトやきゅうりなどの野菜に変え、甘いものが食べたい!と思ったらブドウやカットスイカ、カットパインなどの果物に。きゅうりは特に、歯ごたえがあり水分もとれるので、よくぽりぽりかじっていました。またバナナもよく食べていて、バナナやキウイフルーツは夜に食べれば翌朝のお通じにもよく効き、一石二鳥でした。

ですが、それらも結局飽きてきて、まただらだら食べるので、体重が減ることはありませんでした。そこで、口の中をスッキリさせるためにとりあえず歯みがきをしよう!と思いつき、してみました。すると不思議なことにその後は食べたい欲がまったくなくなったのです。いつの間にか数時間食べてない!ということに気づいたのです。

それからは、小腹が空いたら、とりあえず歯みがきをしてみることにしました。そうすると小腹がすぐすくことはなくなり、お腹がすいたらしっかりご飯を食べたくなりました。だらだら食いがなくなり、余計な物を食べなくなったことによって摂取カロリーが減り、体重も少しずつ減っていきました。また一回の食事をきちんととるようになり、栄養もバランスよく取れるようになりました。そしてだらだら食いがなくなったこと、歯みがきを頻繁にすることで虫歯予防にもなりました。出産後は歯がもろくなると聞いていたので、良いことづくしでした。

筋トレやストレッチなどをすることがダイエットに大事なのは分かっていますが、育児で疲れていると億劫になりがちです。ですので、手始めに歯みがきをすること試してみるのもいいかと思います。

2度のダイエット

10代の頃、炭水化物抜きダイエットをして、炭水化物を一切摂取しないで2ヶ月で8キロの減量に成功しました。

とても食べることが好きだった為、とても厳しく炭水化物を抜くことによりめまいがする事が多々ありました。

ですが、炭水化物を抜くことにより、胃がとても小さくなりその後は辛い食事制限をしなくても体型を維持できるようになりました。

成人して仕事を始めた事をキッカケにストレスで食に走ってしまい、激太りしてしまい、今まで着ていた洋服が入らなくなり、再び厳しいダイエットを決意しました。

2度目のダイエットは、流行りの糖質オフダイエットにしました。食べることが好きなので、糖質オフレシピ本を購入したり、アプリを使って、自炊や手作りスイーツを作り、厳しい食事制限ではなく、食べながら痩せれるダイエットを目指しました。

糖質に気をつければ、お肉もマヨネーズも摂取できるのですが、お腹にたまるヘビーな味付けを出来ないことが、地味にキツく感じました。ですが、その代わり、食材そのものの味を味わうようになり、野菜も以前よりは好きになりました。肝心の体重は、2週間で3キロ落ちました。身体もスッキリ軽くなった気がしました。

これからも、1日50以内の糖質摂取を心がけ無理なく美味しく安全なダイエットを心がけ長期的に行っていこうと考えております。